継続、そして再開!(2020年5・6月)

少し遅れましたが、2か月間の振り返りをします!

メンバーから、「公文書みたいで固い」と言われたので、今回は少し柔らか目でいきたいと思います笑

5月も、Zoomトレーニングを継続しました。

4月18日の初回から5月31日の最終回まで、約1か月半で9回。レジェンド創設以来、これほど多くのチーム活動をしたのは初めて。そして、回数を重ねるごとに、参加者が増えてきました。

オンラインの手軽さによるところが大きいですが、「1人では手を抜いてしまうけど、皆と一緒なら頑張れる」という気持ちが少なからず働いたようですね。

メニューも、練習再開に向け、タックルトレーニング、アジテーショントレーニング、バーチャルラグビーなど、毎回、各リーダーが工夫してくれました。

(階下の方から、「毎週土曜日はドンドンうるさい!」と不動産屋さんに苦情が入ったのは、ここだけの話で。)

また、5月6日には、SOGO Tokyo SpartansのLeoさんをリーダーとしてお招きし、親子トレーニングを行いました。

ゴールデンウィークながら外出できず、子供の日も十分にお祝いしてあげられない状況。しかし、Leoさんの素晴らしいリードで、PCの画面は、満面の笑顔で溢れました。

Zoomトレーニングは、もともと「やむなし」的に始めましたが、今は、いろいろ「やれます」的なものとして、プラスに捉えています。

今後は、雨天時のメニュー、日本各地や海外赴任中のメンバーとの練習会などに使っていこうと思います。

そして、緊急事態宣言が解除となった6月。

「練習再開?」の雰囲気になりつつも、はてさてどうしたものか。よるべきものがない。

そんな中、日本ラグビーフットボール協会から「練習再開のガイドライン」が。

それによると、感染予防のため、当面の練習は、コンタクトなしのソーシャルディスタンスを確保。

ヒットして、密集してのラグビーですが、メンバーの安全確保が第一。

ハンドリングメインで、タッチしないエア・タッチフットなどをメニューに設定しました。

満を持して6月13日。4か月ぶりの朝ラグビー。

雨男が予約したグラウンドは、やっぱり雨でした。雨どころか土砂降り。

「ラグビーはオールウェザー。雷以外はやるんだ!」という、25年前の先輩の言葉が頭をよぎり、開催。

それでも12人が集まりました。みんな本当にラグビーが好きなんだなと。

グラウンドで仲間と会えること、何気なく隣の人とパスをすること。こんな当たり前のことができなかった4か月間。ボールに空気を入れて、握った瞬間、涙が出そうになりました。

ゆっくり、のびのびと、声を出して、皆でラグビーの良さを改めて感じながら、1時間の練習を楽しみました。

もちろん、練習後は、うがい、手洗いで感染予防を万全に。


7月からは、コンタクトを再開し、まずはタッチフットやアタック・ディフェンスから始めます。

また、新たなチャレンジとして、タグフットボール(Oztag)も練習に取り入れようと思います。

フルコンタクトの試合再開までは、まだしばらくかかりそうですが、焦らず、徐々に感覚を戻していきましょう!


閲覧数:64回0件のコメント

最新記事

すべて表示